津々浦々

小浜市地域おこし協力隊Sです。小浜市の魅力、発信していきます!

7月6日 青井に行く。曇りのち時々雨 -went to Aoi near the Obama park-

おはこんばんちは!

小浜市地域おこし協力隊のSです^^

This is S.

近いのになんだかんだで行ってなかったお寺さんに行ってきましたー。

小浜公園のすぐ隣にある 高成寺 です。

I went to Kousei-ji near Oabama park.

f:id:obama2:20150707101042j:plain

目の前をくぐるともう一つ門があります。

想像以上に広い道だったのとある方の碑があったことに驚きました!

それがこの方

f:id:obama2:20150707101124j:plain

f:id:obama2:20150707101114j:plain

中川順庵先生です!!!!!

This monument about  Zyunan Nakagawa.

多分ですがわからない方のが多いと思います。笑

私も知りませんでした。ボソ

*中川順庵…江戸中期の本草学者・蘭学者若狭国小浜藩の蘭方医。前野良沢杉田玄白とともに『解体新書』を翻訳した。また江戸にいた頃、平賀源内と共に火浣布(かかんぷ)を造った。(参考:wikipedia)

[He was one of who translated the Anatomische Tabellen. ]

*火浣布…かかんぷ。

古代中国で、南方の火山にすんでいる火ねずみの毛で作ったといわれた     耐火性の織物。ひねずみのかわごろも。
石綿をまぜて織った不燃性の布。日本では、平賀源内が初めて作ったといわれる。

(デジタル大辞泉

つまり平賀源内と中川順庵はかぐや姫に求愛にいけるということですね!

昔は伝説だったものが、江戸になると実現している。歴史って面白いです(●^o^●)

 

中川順庵さんの碑の向かいにはこんな方の碑も。

f:id:obama2:20150707101104j:plain

千賀玉斎さん!!!!!

私も知らない方です!←

説明によると「若狭の地誌『若耶群談』小浜藩滞在中の紀行文『向若録』の著者として有名で 本朝通鑑三百巻の編纂に参画した当時の官学者なり」とあります。

うん、初めて聞く単語が沢山ありますw笑

 

本堂に行くまでにお地蔵さんや杉?を拝むところもありました。

f:id:obama2:20150707101054j:plain

こちらが本堂。

「開きます。ご自由に参拝くだい」と扉に張り紙があったので少し開けて参拝させて頂きました。本尊は布で覆われています。

本堂の前に本尊の説明があるので、気になる方は読んでみてください^^

 

高成寺をお暇して青井をふらふら。

自転車で真昼間に若いのがふらふらしていたら怪しいだろうなー。笑

お次によったのはここ。

f:id:obama2:20150707101230j:plain

高架下(後瀬山トンネルと勢浜トンネルの中間あたり)にある細い道。

正法寺さんの入り口になります。

この階段を上ると国道が目の前に出てきます。

国道と階段にあるのです。

お墓も本尊もこじんまりとおさまっていました。

小さなところですがちょっと面白かったです。笑

そこでみつけたアジサイを載せます。

f:id:obama2:20150707101253j:plain

f:id:obama2:20150707101242j:plain

 アジサイ

Hydrangea

 

ここで問題発生。

雨が降ってきましたw

急いで市役所に帰ったら雨は止んでいました。解せぬ。

次はもっと遠くに行こうかな、と思っています。

あとちゃんと写真撮ろうと思います。笑