津々浦々

小浜市地域おこし協力隊Sです。小浜市の魅力、発信していきます!

愉快な人とで出逢う島 -サイパン-

今週のお題「海外旅行」

 

今週のお題を気になりつつ今まで書いていなかったのですが、海外旅行と聞いては黙ってられなかった!笑

ちょくちょく海外旅行へは行っている中で、今回は、最も人とのつながりを感じた海外旅行「サイパン」での出来事を書いていきます^^

 

国内旅行並みの金額で行けるサイパン

行くまでは

「ハワイは遠い又は敷居が高いと思っている人が、グアムかサイパンへ行く」

となんとなく思っていました。酷

姉との旅行なので二人で悩みつつ、ハワイへ行くより安く、チラシを見た直感でサイパンへ行くことに決定!

 

サイパンと言われても、これといったイメージがなかったのですが、調べてみて「太平洋戦争」との関わりを知りました。

しかも私たちが旅行計画をたて始めた付近で、映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」が上映。

これはサイパンへ行く前に見なければ!

と映画を見て予習。

アメリカに追い詰められたサイパンの人と日本兵と日本人が逃げ回ったという山へ行こうと決意しました。

(結局この山への道が土砂で塞がれていたせいで行けなかった…)

 

修学旅行や留学ではない旅行は久しぶりで、少し緊張しつつ空港へ。

向こうの空港はむわっとしていた。笑

某大手旅行会社のツアーなので、ホテルまで送迎してもらいました。

 

そして驚いたホテルのグレード。

一番安いツアーで安いホテルに泊まる予定だった私たち姉妹。

出発一週間前くらいに会社から電話があって

「ホテルがダブルブッキングしていたからグレードを上げても良いか」

という連絡を頂いたのです!

でもまさかホテル内にプールが三つあり、そのままビーチに続いてて、ロビーに卓球や大きなチェスがあるとは思ってなかった…。

オーシャンビューやばい。

想定外のホテルにテンションマックスで三日くらい滞在した私たちは、そこで色々な方々と交流しました。

 

水に入るつもりはなかったけど、折角ホテルにプールあるなら入りたい!と現地で水着を購入。

私のはすぐに決まった(安い水着)けど、いかんせん姉はビッグサイズなので水着専門店へ。笑

さすがはアメリカ。ビッグサイズが沢山ありました…w

そこの定員さんが日本人の方で、私が通っていた高校の近くに住んでいたらしく、姉の試着中に話が盛り上がりました!

まさかサイパンでローカルトークするとは…。

 

水着を手に入れた私たちは、ホテルのプールではなく何故かビーチへ。

プールは夜でも良いかーってなったのです。笑

そんなことこれから先言えないだろうな!!

 

ビーチでブラブラしていたら海の家みたいな小屋を発見→ついでに中に日本人女性を発見→目が合う→手招きされる→何故か近寄る私たちw→マニャガ島行かない?

 

ホテル内のビーチで商売しているらしいこの女性。

近くに手ごろな大きさで、戦時中の大砲が残っているマニャガ島がるとのこと。

そこへ遊びに行った方が良いと声をかけてくれました。

お昼付き+バナナボート+パラセーリングで私たちが出せる範囲の値段にしてくれたw値切ってないよ!向こうが勝手に下げてくれたの!!

(因みにその提示してくれた値段は、某大手旅行会社のツアーだとパラセーリングしか出来ない値段だったw格安すぎる!)

 

流れで知らない人から言われた遊びをしにいく私たち。

バナナボートに乗ってマニャガ島へ。

ここは入島料がかかります。

そこでも何故か話しかけられた。

背も横も大きい姉と背も小さくてちまい(←)私。

何故か私に向かって「君がお姉さん?」て聞いてくる受付のトムさん(仮)。

(自己紹介されたけど忘れた。確かそんな名前)

それに大爆笑で否定する私たち。まさかすぎるよトム…。

 

マニャガ島では島内を散策し、ビーチのお姉さんが貸してくれたシュノーケルの道具で海を満喫。

帰りは船が迎えに来てくれて、その船でパラセーリングをさせてくれるらしい。

やはり日本人観光客が多かった。

船着き場に集まる日本人たち。笑

 

船員が名前を呼んでくれるので、ぼけーっと待っているとドレットヘアーのジェイさん(仮)と目が合い「He-y!!」と声をかけられました。

*ジェイさんの見た目が、ジャックスパロウを庶民にした感じ(つまりちょっと怪しい)ので日本人は彼のテンションと見た目にのりきれていなかった。

 

海で遊んでテンション上がっていた私が「Hello!!」と返すとまさかの談笑モード。

迎えの人が見つからなかったらしい。笑

自己紹介したら「え、マジでそんな名前なの?」とにやにやし出すジェイさん。

何故にやにやするのか聞くと

「君の名前、サイパンの昔の言葉でおっぱい(胸のジェスチャーをするジェイ)て意味だよ!」

と言われた。

絶対からかわれてる!と思った私が冗談でしょうと返すと近くにいた別の船の人に

「おい!この子の名前○○ていうらしいぞ!」「え、まじ?にやにや」

マジかそのリアクションは本当にそういう意味じゃん。

驚きの事実。私おっぱいって意味だったんだ…w

私たちが乗る船は違う船だから、一通り騒いだあと解散。

 

初★パラセーリングタイム。

二人一緒にやるんだけどこれがまた…姉が重いからか私が小さいからか…。

一回浮遊を楽しんで、海にぼちゃんしてまた浮遊って流れだったんだけど

海にぼちゃんのとき顔までつかりました。つらかった…。

鼻に海水入ったテンションで船着き場に着くと、同時にジェイさんの船も到着。

目ざとく私たちを見つけた彼は、おっぱいのジャチャーをした後、自分のお客さんには目もくれず何故か船を降りるとき私たちに手を貸してくれる。

ジェ「帰りはどうやって帰るの?車どれ?」

私「わかんないw」

ジェ「おk。俺が頼んであげる!」

近くにいた観光客をのせた車に、ホテルまで送るよう頼んでくれるジェイさん。

またサイパンへ行ったら会いたいけど会えないだろうな…。

 

他にも山に行くツアーでガイドしてくれた中国人女性の方とか、夜市であったわんことか帰りの送迎バスで何故か私たちにだけ貝殻の首飾りくれた人とか色んな出会いが、サイパンではあった。

あ、あと空港のパスポート見せる所で何故か花もらったり!

 

不思議なテンションで凄く愉快なサイパンの人たち。

自分から英語で話せば、沢山の人が面白い話をしてくれました。

海外旅行でもあまり英語をしゃべっていなくてつまらないと思っているあなた。

是非サイパンへ。

そこでジェイさんと会えれば、素敵な旅になること間違いなしです!笑