津々浦々

小浜市地域おこし協力隊Sです。小浜市の魅力、発信していきます!

梅雨の合間に② -羽賀寺(Hagaji-temple)-

これの続き。

梅雨の合間に -羽賀寺- - 津々浦々

 

 

さあ、羽賀寺を出たら苦行を進みます。

何が苦行かと言いますと、トンネルを、通ったんです。

天ケ城トンネルというトンネルを。

I was through the Tenke-jo tunnel.

このトンネルを抜けるとそれは美しい風景が待っているからです。

f:id:obama2:20150611094418j:plain

カキの養殖がおこなわれている為、いかだ(?なのかな?)が浮いている光景は、コンクリートジャングルで生活していた自分としては新鮮です!

いつもこのトンネルは車で通っていたので、ついでに写真を撮ろうと安易な考えでトンネルへ。

f:id:obama2:20150611094220j:plainトンネルまでの道。細いです。

f:id:obama2:20150611094207j:plainトンネル内の道。意外と余裕があり安心。

トンネルを通るうえで注意するのは、車だけではありません。

暗闇に住む小さな悪魔たち、虫です。

Tunnel has a few insects on ground.

I DO NOT recommend this way by bicycle and walk.

沢山いたわけではないのですが、足元にたまにいるからこそ踏みそうで怖いのです!!

ひいひい小さな悲鳴とぎゃあぎゃあ騒ぎながら早足でトンネルを抜けました。

最後は耐え切れず自転車にのって脱出。笑

車なんかより何倍も怖かったです。(個人談)

逆にトンネルに響く車の音が、飛行機みたいでウキウキしました!

 

これで苦行が終わったと思っていました。

しかしここから続くのは、下り坂です。

長くうねうねしている、下り坂。

自転車にのったら絶対に「時をかける少女」みたいになるのは目に見えています。

しかし手で押すにしては長いのです。うでいたい。

もうそろそろ下に着くかなーとまた安易に思いついた私は、自転車に乗りました。

そしたらまさかの、まだ中腹だったらしく、ぎゃああああしぬうううと悲鳴あげながら下まで行くことに。

ブレーキの偉大さを感じました。

虫でヒヤヒヤし、坂道で涅槃を感じる。

刺激的な旅路でした…。

 

そこからはひたすらまっすぐ「平坦な」道なので、スイスイと市役所へ戻りました。

途中で学校帰りの少年に「こんにちは」と声をかけられたのでちゃんと挨拶を返します。

こちらの子どもは、見たこともない私にも挨拶してくれる良い子ばかりです。

多分声をかけることで犯罪の抑止にもなっているのでしょう。

都会の子もできたらいいのですが、ちょっとすれ違う人が多すぎですね。

地方ならではだと思います。

 

帰り道にバッティングセンターがあったので、今度行きたいと思います。

バッティングだけならまだできるはず…!

 

まだ夏が来てもいないのに虫にヒイヒイ言っていますが、夏が到来して立っていられるか分からなくなってきましたw

花屋さんでハーブ類を買って、育てようと思います。笑